High Quality products for crop nutrition and crop protection

研究・開発・イノベーション(R&D&I)

1993年の創業以来、 Futureco Bioscienceの研究・開発・イノベーション部門は生物学的刺激剤または生物農薬活性を有する天然抽出物および微生物剤に基づく製品の研究開発を行っています。

R&D部門は優れたスクリーニング能力を有しており、試験管内、生体外、生体内の試験により、植物の生物学的機能を有する生体刺激性微生物、真菌(生物殺菌剤)、細菌(生物殺菌剤)、昆虫(生物殺虫剤)または病原性線虫(殺生物剤)の制御を行なう生物農薬活性を有する微生物(CBA)の選択を行っています。

毎年、1,500件以上の試験管内および200件以上の生体外の生物検定を実施し、その中から最も効果がある最新の生物学的防除剤(BCA)を選定しています。同様に、毎年約300件の生体内生物検定を気候室または温室条件下の植物の生体内で実施し、選択された有効成分およびその製剤が評価され、有効性を検証しています。これにより、Futureco Bioscienceは生物刺激剤やバイオ農薬の開発において世界の先端を行く企業の一つとなっています。

研究・開発・イノベーションへの投資の結果、現在の従業員の45%が研究者で構成されています。

本部門の主要な研究分野は以下の通りです。

植物保護プログラム:害虫防除および作物の疾病を予防する微生物の生物学的防除剤または天然物質(植物エキス、抗菌ペプチド、微生物代謝産物など)をベースとするバイオ農薬。

植物栄養プログラム:生物刺激剤:生物学的製剤または天然物質(植物抽出物、アミノ酸、藻類、微生物代謝産物など)をベースとし、植物の代謝および微生物または天然物質に基づくストレス状況への応答を改善する。

次のビデオでは、Futureco Bioscienceについて、そして研究・開発・イノベーション部門の役割について紹介します。

研究・開発・イノベーション関連プロジェクト

1999年(研究・開発・イノベーション部門の創設年)から2018年までの間に以下のプロジェクトが企画されました。中には現在進行中のものもあります。

組織図

 組織図

研究・開発・イノベーション分野の提携先

認定
Global Compact
Iso9001:2015
Osha
ニュースレター

Futureco Bioscience
Av. del Cadí, 19-23 P.l.
Sant Pere Molanta 08799
Olèrdola, Barcelona España (ES)

Futureco Bioscience S.A. © 2018 全著作権所有